HOME > サポート > 見積ランド2016アップデート情報

見積ランド2016アップデート情報

見積ランド2016関連のアップデート版や修正データなどをダウンロードできます。
詳細につきましては、それぞれの項目をご確認ください。

見積ランド2016アップデート Ver.1.5

必要条件:
見積ランド2016がインストールしてあるコンピュータ
掲載日:
2017/04/20
ファイル名:
ml2016update.exe
ファイル容量:
10.9 MB

適用手順
  1. 下記▼をクリックして、ダウンロードを開始します。
  2. ダウンロードの確認画面が表示されますので「保存」ボタンをクリックします。
  3. 保存場所を聞いてきますので、任意の場所(デスクトップなど)を選択して、「保存」ボタンをクリックします。
    • ダウンロードするファイルは見積ランド2016のプログラムそのものではありません。
      見積ランド2016のインストール先以外の場所(例 デスクトップ)に保存してください。
  4. ダウンロードが完了しましたら、ダウンロードしましたファイル「ml2016update.exe」を実行します。
    • Windows SmartScreenの注意画面が表示された場合は、「詳細情報」(または「操作」)をクリックして「実行」をクリックしてください。
    • ユーザアカウント制御画面が表示された場合は、「はい」ボタンをクリックして変更を許可してください。
    • その他セキュリティ対策ソフトの画面が表示された場合は、実行することを許可してください。
  5. アップデート画面が表示されましたら、見積ランド2016がインストールされているフォルダをご確認ください。
    • インストールされているフォルダに「Land2016」の表示があるかご確認ください。
      「Land2016」の表示がない場合は、見積ランド2016以外の場所を指定していますので、
      「参照」ボタンをクリックしてインストール先を設定してください。
  6. [実行]ボタンをクリックします。
  7. 「アップデートが完了しました」と表示されましたら「OK」ボタンをクリックしてください。
  8. アップデート完了後、ダウンロードしましたファイル「ml2016update.exe」は必要ありませんので削除してください。

複数台のコンピュータに見積ランド2016をインストールされている場合は、ダウンロードしたファイル「ml2016update.exe」を USB メモリや共有フォルダなどにコピーして、各コンピュータでそのファイルを実行していただいてもアップデート可能です。


変更履歴
Ver.1.5 (2017/04/20)
  • 【メンテナンス契約ユーザー向け】平成29年度積算基準で改定された農林水産省(土地改良・森林整備)、環境省(除染等工事)の経費計算方法(施工地域補正の乗算方式への変更など)に対応します。
  • 国土交通省 中国地方整備局と奈良県の書式ファイルを追加しました。
  • 制限価格逆算ソフト:NEXCOで経費計算したファイルを開いて、国土交通省(一般土木)で経費計算しなおすと機器間接費の設定の上に不要なコンボボックスが表示される点を修正しました。他

Ver.1.4 (2017/04/10)
  • 【メンテナンス契約ユーザー向け】平成29年度積算基準の改定に関する修正を行いました。

Ver.1.3 (2017/02/23)
  • 国土交通省から公表されました平成 29年 3月から適用する公共工事設計労務単価などを適用した歩掛・経費データを追加します。
  • 設計書を解析して組み込んだデータに施工パッケージの代価データを上書きして「置き換え前の名称や規格を保持する」とした場合、特殊代価で標準単価を算出する形式のデータが正常に表示されない場合がある点を修正しました。

Ver.1.2 (2017/02/06)
  • 公共建築の一般管理費率が改正されます。
  • 明細書に建設物価の単価データを計上した見積書ファイルを開いたとき、明細書の建設物価の単価データが行削除されてしまう場合があった点を修正しました。
  • 長野県と埼玉県の書式ファイルを修正しました。他

Ver.1.1 (2016/11/09)
  • 平成28年10月からの施工パッケージ型積算基準に対応します。
    この改正で 59 件の施工パッケージ型のデータが追加導入されます。
  • 平成28年10月から農林水産省の「土地改良」と「森林整備」で施工パッケージ型積算基準が導入されることにともない、 代価の組込画面の「農林水産省(土地改良)」と「農林水産省(森林整備)」にデータが追加されます。
    また、「農林水産省(林道事業、治山事業)」の表示が「農林水産省(森林整備)」に変更されます。
  • 7月版で未改正であった国土交通省(一般土木の一部)、国土交通省(電気通信)、農林水産省(森林整備)、環境省(除染等工事)などの歩掛や経費が改正されます。
  • 過去に作成した見積書ファイルを開いて、明細書に計上されている代価表を行コピーして、代価表画面で行貼付けして代価計算すると「単価は存在しません」となる場合がある点を修正しました。
  • 京田辺市と姫路市の書式ファイルを修正しました。他
プライバシーポリシー サイトポリシー © 2000 株式会社 ランド計画
▲このページのトップへ