HOME > サポート > 見積ランド2017アップデート情報

見積ランド2017アップデート情報

見積ランド2017関連のアップデート版や修正データなどをダウンロードできます。
詳細につきましては、それぞれの項目をご確認ください。

見積ランド2017アップデート Ver.1.6

必要条件:
見積ランド2017がインストールしてあるコンピュータ
掲載日:
2018/06/04
ファイル名:
ml2017update.exe
ファイル容量:
13.3 MB

適用手順
  1. 下記▼をクリックして、ダウンロードを開始します。
  2. ダウンロードの確認画面が表示されますので「保存」ボタンをクリックします。
  3. 保存場所を聞いてきますので、任意の場所(デスクトップなど)を選択して、「保存」ボタンをクリックします。
    • ダウンロードするファイルは見積ランド2017のプログラムそのものではありません。
      見積ランド2017のインストール先以外の場所(例 デスクトップ)に保存してください。
  4. ダウンロードが完了しましたら、ダウンロードしましたファイル「ml2017update.exe」を実行します。
    • Windows SmartScreenの注意画面が表示された場合は、「詳細情報」(または「操作」)をクリックして「実行」をクリックしてください。
    • ユーザアカウント制御画面が表示された場合は、「はい」ボタンをクリックして変更を許可してください。
    • その他セキュリティ対策ソフトの画面が表示された場合は、実行することを許可してください。
  5. アップデート画面が表示されましたら、見積ランド2017がインストールされているフォルダをご確認ください。
    • インストールされているフォルダに「Land2017」の表示があるかご確認ください。
      「Land2017」の表示がない場合は、見積ランド2017以外の場所を指定していますので、
      「参照」ボタンをクリックしてインストール先を設定してください。
  6. [実行]ボタンをクリックします。
  7. 「アップデートが完了しました」と表示されましたら「OK」ボタンをクリックしてください。
  8. アップデート完了後、ダウンロードしましたファイル「ml2017update.exe」は必要ありませんので削除してください。

複数台のコンピュータに見積ランド2017をインストールされている場合は、ダウンロードしたファイル「ml2017update.exe」を USB メモリや共有フォルダなどにコピーして、各コンピュータでそのファイルを実行していただいてもアップデート可能です。


変更履歴
Ver.1.6 (2018/06/04)
  • 内訳書を二段表示の縦印刷で印刷するとき、右上の説明書きで下段の分しか印刷されない点を修正しました。
  • 鋼管・既製コンクリート杭打工 (パイルハンマ工) の特殊代価で「杭の種類」を「既製コンクリート杭」にすると使用機械の選択などができなくなる点を修正しました。
  • 福井市、牛久市(茨城県)の設計書を取り込めるように書式ファイルを追加・修正しました。

Ver.1.4 (2018/03/01)
  • 国土交通省から公表されました平成 30年 3月から適用する公共工事設計労務単価などを追加します。

Ver.1.3 (2018/01/18)
  • Windows10 にて Ver.1709(Fall Creators Update) にアップデートすると、表へ文字を入力する際に1文字目が固定されてしまい、正常に入力できなくなります。この点に「見積ランド本体」と「制限価格逆算ソフト」で対応しました。
  • 設計書の解析結果から組み込んだ代価表が施工パッケージであった場合、それをダブルクリックして検索した結果からドラッグアンドドロップで上書き組み込みとしたとき確認画面が表示されない点を修正しました。
  • 東京都の設計書で見積参考資料を取り込めるように書式ファイルを修正しました。
  • 富士市 (静岡県) と精華町 (京都府) の設計書を取り込めるように書式ファイルを追加しました。他

Ver.1.2 (2017/11/13)
  • 土木工事標準単価「区画線工、高視認性区画線工、排水構造物工」のデータが追加されます。
  • 農林水産省(土地改良)で平成 29年 10月から追加される施工パッケージ型積算基準に対応します。
  • 7月版で未改定であった国土交通省(一般土木の一部、電気通信)、農林水産省(土地改良、森林整備)の歩掛が修正されます。
  • 乗算型の施工地域補正が計算できる経費「ユーザー設定(公共工事型②)」を追加しました。
  • 東京都と京都府の設計書を取り込めるように書式ファイルを追加、編集しました。他

Ver.1.1 (2017/09/11)
  • 事務所移転にともない、ソフトウェアや文書などに表示されている連絡先を修正しました。
  • ファイルを開く画面右上に「表紙情報」ボタンを追加して、表紙情報を確認できるようにしました。
  • ファイルを開く画面右下の「表示設定」ボタンでネットワークコンピュータ名を 直接指定できるようにしました。
  • エクセルなどの表計算ソフトでコピーしたデータを表として貼り付けられるようにしました。
  • 代価表の労務補正画面に「時間的制約を受ける場合の工事」の条件を追加しました。
  • 工種内訳書画面で経費項目の規格欄に文字を入力できるようにしました。
  • 単価データを上書きで組み込むときに単位が違う場合、間違った単価データを上書きしている可能性があるので、確認メッセージを表示するようにしました。
  • 代価表の労務補正画面で「交通誘導員の補正」ボタンをクリックしても、その目次が表示されない点を修正しました。
  • ハイコントラストの設定にしたとき、メニューバー等の背景色が変わらないため文字が見えなくなる場所がある点を修正しました。
  • みどり市(群馬県)の書式ファイルを追加しました。他
プライバシーポリシー サイトポリシー © 2000 株式会社 ランド計画
▲このページのトップへ