HOME > サポート > 見積ランド2019アップデート情報

見積ランド2019アップデート情報

見積ランド2019関連のアップデート版や修正データなどをダウンロードできます。
詳細につきましては、それぞれの項目をご確認ください。

見積ランド2019アップデート Ver.1.7

必要条件:
見積ランド2019がインストールしてあるコンピュータ
掲載日:
2020/06/08
ファイル名:
ml2019update.exe
ファイル容量:
24.9 MB

適用手順
  1. 下記▼をクリックして、ダウンロードを開始します。
  2. ダウンロードの確認画面が表示されますので「保存」ボタンをクリックします。
  3. 保存場所を聞いてきますので、任意の場所(デスクトップなど)を選択して、「保存」ボタンをクリックします。
    • ダウンロードするファイルは見積ランド2019のプログラムそのものではありません。
      見積ランド2019のインストール先以外の場所(例 デスクトップ)に保存してください。
  4. ダウンロードが完了しましたら、ダウンロードしましたファイル「ml2019update.exe」を実行します。
    • Windows SmartScreenの注意画面が表示された場合は、「詳細情報」(または「操作」)をクリックして「実行」をクリックしてください。
    • ユーザアカウント制御画面が表示された場合は、「はい」ボタンをクリックして変更を許可してください。
    • その他セキュリティ対策ソフトの画面が表示された場合は、実行することを許可してください。
  5. アップデート画面が表示されましたら、見積ランド2019がインストールされているフォルダをご確認ください。
    • インストールされているフォルダに「Land2019」の表示があるかご確認ください。
      「Land2019」の表示がない場合は、見積ランド2019以外の場所を指定していますので、
      「参照」ボタンをクリックしてインストール先を設定してください。
  6. 「実行」ボタンをクリックします。
  7. 「アップデートが完了しました」と表示されましたら「OK」ボタンをクリックしてください。
  8. アップデート完了後、ダウンロードしましたファイル「ml2019update.exe」は必要ありませんので削除してください。

複数台のコンピュータに見積ランド2019をインストールされている場合は、ダウンロードしたファイル「ml2019update.exe」を USB メモリや共有フォルダなどにコピーして、各コンピュータでそのファイルを実行していただいてもアップデート可能です。


変更履歴
Ver.1.7 (2020/06/08)
  • 金額訂正を「経費のみで丸める」で実行したとき、一般管理費だけが訂正前より高くなる場合がある点を修正しました。
  • 法定福利費を「摘要欄に表示」とし、金額を入力して「現在の金額で固定」と設定したとき、見積書を再計算するタイミングで摘要欄の表示が「うち法定福利費 0 円」になってしまう点を修正しました。
  • NEXCO で経費計算し、経費変更画面で現場管理費の率を手入力で変更すると「0.00」になってしまう点を修正しました。他

Ver.1.6 (2020/04/15)
  • 国土交通省から 4月 14日に公表された施工パッケージ関連の訂正情報を反映します。
  • 歩掛経費データ 「2020年度 (一部更新)」で起動し、「国土交通省(一般土木)」で経費計算し、施工地域区分で「その他 (補正なし)」以外を選択した場合、工種内訳書の経費変更画面で現場管理費率を手入力した値に施工地域補正がかかってしまう点を修正しました。他

Ver.1.5 (2020/04/10)
  • 代価検査画面の代価データを個別で入れ替える機能でスクロールバーが表示されないなどの不具合の修正を行いました。
  • 制限価格逆算ソフトで厚生労働省 水道事業の週休2日補正が設定できない点などを修正しました。
  • 国土交通省 中国地方整備局の見積参考資料を取り込めない場合があった点を修正しました。
  • 国土交通省 近畿地方整備局の工事数量総括表を取り込めない場合があった点を修正しました。他

Ver.1.4 (2020/02/28)
  • 代価検査画面に施工パッケージ型の代価表を今年度のデータに自動で置き換える機能を追加しました。
  • 代価検査画面に代価データを個別で入れ替える機能を追加しました。
  • 国土交通省 中国地方整備局の設計書で正常に取り込めない場合があった点を修正しました。
  • 単価管理プログラムでユーザ設定に保存した単価データの科目(労務、資材など)を設定できるようにしました。
  • 見積書管理プログラムで検索結果が0件の場合に固定行がすべて「工事番号」になってしまう点などを修正しました。他

Ver.1.3 (2019/11/11)
  • 7月版で未改正であった国土交通省(一般土木の一部)、農林水産省(土地改良の一部)、農林水産省(森林整備)、厚生労働省(水道事業)の歩掛が修正されます。
  • 組込画面の目次の3つ窓で文字が見切れて読めないとき、その目次にマウスを当てるとすべての文字を表示して確認できるようにしました。
  • ユーザ設定に保存した単価データの科目(労務、資材など)を設定できるようにしました。単価組込画面の目次の3つ窓を右クリックすることで科目設定のメニューが表示されます。
  • 制限価格画面の印刷物の余白を設定できるようにしました。他

Ver.1.2 (2019/09/26)
  • 消費税率を 10%に修正します。
  • アスファルト舗装工の「基層~表層」の施工パッケージデータで、選択する材料によっては積算単価を正しく計算できない点を修正しました。
    また、「夜間割増」にチェックを付けると「小型車割増」として規格に記載される点を修正しました。
  • 姫路市の設計書で解析できないファイルがあった点を修正しました。

Ver.1.1 (2019/08/26)
  • 経費データの改定に対応しました。 厚生労働省(水道事業)、NEXCO
  • 広島県内における平成30年7月豪雨からの復旧・復興工事の「復興係数」や「復興歩掛」に対応しました。(対象:広島県のユーザ)
  • 画面サイズが小さいモニタで施工パッケージ型の特殊代価を表示すると「OK」ボタンが画面の外に表示されてしまいクリックできない場合がある点を修正しました。
  • 見積書ファイル選択画面で施工パッケージデータを [2018年 4月] に設定した場合、代価の組込画面に表示される名称や規格を [2018年 4月] の情報で表示するように修正しました。
  • 京田辺市の書式ファイルを修正しました。他

見積ランド2019アップデート 令和2年3月労務単価更新

必要条件:
見積ランド2019がインストールしてあるコンピュータ
掲載日:
2020/02/28
ファイル名:
ml2019updateR0203R.exe
ファイル容量:
323 KB

適用手順
  1. 下記▼をクリックして、ダウンロードを開始します。
  2. ダウンロードの確認画面が表示されますので「保存」ボタンをクリックします。
  3. 保存場所を聞いてきますので、任意の場所(デスクトップなど)を選択して、「保存」ボタンをクリックします。
    • ダウンロードするファイルは見積ランド2019のプログラムそのものではありません。
      見積ランド2019のインストール先以外の場所(例 デスクトップ)に保存してください。
  4. ダウンロードが完了しましたら、ダウンロードしましたファイル「ml2019updateR0203R.exe」を実行します。
    • Windows SmartScreenの注意画面が表示された場合は、「詳細情報」(または「操作」)をクリックして「実行」をクリックしてください。
    • ユーザアカウント制御画面が表示された場合は、「はい」ボタンをクリックして変更を許可してください。
    • その他セキュリティ対策ソフトの画面が表示された場合は、実行することを許可してください。
  5. アップデート画面が表示されましたら、見積ランド2019がインストールされているフォルダをご確認ください。
    • インストールされているフォルダに「Land2019」の表示があるかご確認ください。
      「Land2019」の表示がない場合は、見積ランド2019以外の場所を指定していますので、
      「参照」ボタンをクリックしてインストール先を設定してください。
  6. 「実行」ボタンをクリックします。
  7. 「アップデートが完了しました」と表示されましたら「OK」ボタンをクリックしてください。
  8. アップデート完了後、ダウンロードしましたファイル「ml2019updateR0203R.exe」は必要ありませんので削除してください。

複数台のコンピュータに見積ランド2019をインストールされている場合は、ダウンロードしたファイル「ml2019updateR0203R.exe」を USB メモリや共有フォルダなどにコピーして、各コンピュータでそのファイルを実行していただいてもアップデート可能です。

プライバシーポリシー サイトポリシー © 2000 株式会社 ランド計画
▲このページのトップへ